研究開発概要

長浜バイオ大学のフロンティアファーマがん分子標的創薬学寄付講座や連携する学内外の医療・創薬分野の専門研究者ネットワークに蓄積された研究シーズの活用により、がん医療に貢献しうる分子標的抗がん剤、バイオマーカー、創薬・診断薬の新規基盤技術を開発します。

主たる研究開発テーマ1

エピジェネティクスの新規制御分子やがん化特異的パスウェイを標的とする新世代分子標的抗がん剤の開発

主たる研究開発テーマ2

ケミカルゲノミクスによる新規創薬標的遺伝子と創薬リード化合物の同定

研究開発の優位性

  • 経営陣、研究開発担当者は、大手バイオ・製薬・診断薬企業の研究開発統括、抗がん剤創薬現場での豊富な経験と実績を有しています。
  • 新規な創薬標的の価値評価力(目利き力)、創薬戦略の企画力、組織を超える創薬体制の構築力(ネットワーク力)を持っています。
  • 構造多様性に優れた多数の化合物ライブラリーの所有、多数のユニークな創薬アッセイ系の構築、アッセイロボット利用によるハイスループットスクリーニング(HTS)の実施など、創薬リード化合物創出のための強力なインフラと豊富な実績を有しています。

研究開発とビジネス戦略

  • 大手製薬企業とは異なる視点、論理で、アカデミア発分子標的抗がん剤創薬を目指します。すなわち、大手製薬企業が未着手の、バリデーション不十分ながら有望な創薬標的にチャレンジします。またアカデミア由来のオリジナルな基礎研究成果に基づく創薬標的、創薬基盤技術に積極的にアクセスします。
  • 国内外の臨床機関・メディカルオンコロジストとの強力な連携により、POC(コンセプト検証)重視の最先端創薬システムを実践します。
  • 長浜バイオ大学との協働、また競争的研究開発資金の最大限の獲得・有効活用により、コストパフォーマンスの優れた研究開発を推進します。
  • 開発した医薬品候補物質を、開発途上段階で、製薬会社と共同開発もしくはライセンスアウトすることにより、創薬固有の長期間に亘る研究開発を可能にする資金を確保します。